2006年08月06日

夏野菜カレー

いただきもののギーとカレー粉を使用。
06-08-06_18-04.jpg
銀座はナイルレストランから直送〜。

1. たまねぎはみじん切り、セロリの葉っぱのところを細かく刻む。しょうがとにんにくはすりおろす。
2.オクラ、ナス、れんこん(夏野菜じゃないけど)、にんじんを切り、トマトの水煮缶のふたをあけておく。
3. じゃがいもとかぼちゃは一口大に切って、レンジでチン。
4. 鶏もも肉の皮と脂肪をはずし(嫌いだから)、一口大に切って軽く塩コショウしておく。
5.1をギーで炒め、なんだかよさそうというところで鶏肉投入。
6. 火が通ってきそうになったら、にんじん投入。
7. トマト缶投入。
8. 「ナイルレストラン」のカレー粉を適当に投入。
9. 20分ほど煮る。
10. 2の野菜を投入し、塩加減を見る。
11. 最後に3のかぼちゃとじゃがいもを投入。

玄米ご飯にかけてできあがり!

ちょっと今日は、辛さが足りないとカレー粉を投入しすぎて粉っぽくなっちゃった。
カレー粉を足すときはギーも足したほうがいいかもしれない。
それか、鶏肉の皮をむかずに入れたほうが良かったかもしれない。
いずれにしても、改良の余地大いにアリ。06-08-06_19-44.jpg
posted by og at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

玄米ご飯&ごま塩

「通販生活」の「鳥取サンヨー圧力炊飯器」で炊いてるので、料理とは言えませぬ(こんなんばっか)。

1.玄米をささっと洗う。
2.水を入れる。お釜には、「水をどれくらい入れたらいいか」の線が入ってるので、それに従う。
3.はちみつを1滴、たらーり
4.「玄米・柔らかめ」で炊く。
5.80分後、「ぴんぽんぽんぽんぽん♪ご飯が炊き上がりました♪」という掛け声(誤)に合わせて、上下を返す。

炊き立ての玄米には、やはりごま塩が一番!

ごま塩の作り方
1. 美味しい塩を炒る。
2.すり鉢でゴリゴリする。粒子が細かくなって、さらさらの粉になるまで。
3.黒ゴマを炒る。
4.すり鉢でゴリゴリする。
5.塩とゴマを合わせて、またゴリゴリする。
※1.ゴマと塩をいっぺんにすろうと思っても、うまくいかないので別々にする。
※2.ゴマと塩の量は、ゴマ2:塩1くらいがヨロシイ。
posted by og at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

グリーンカレー

ロンドン在住時にアホみたいに作ったグリーンカレー。
チャイナタウンでグリーンカレーペーストや小さくて丸い緑色のナスを仕入れて、ウチで作ってました。
こないだ久しぶりに作ったら、やっぱり美味しかった。

ワタクシのグリーンカレーには、セロリが入ります。
それ以外は、グリーンカレーの素のパッケージに書いてある作り方を参照すればヨシ。

グリーンカレーの素は、粉末でなく樽入りのペーストが断然美味しい。
ココナッツミルクも、粉末でなく缶入りのものが美味しい。

1.たまねぎは薄切り、セロリは葉っぱの部分をざくざく切る。
2.鶏肉は皮をむいて脂肪を取り、一口大に切る。
3. なすは大きめに輪切り。
4.袋茸の缶詰があればよいけど、エリンギでもいい。
5.細切りたけのこは、一回ゆでると黄色い着色料が取れて気持ちいい。
6. 材料をオリーブオイルで適当に炒めて、グリーンカレーペーストを入れ、火が通るまで煮る。
7. 最後にココナッツミルクを入れて出来上がり。ミルクを入れたらぐつぐつ煮ない。分離するから。
posted by og at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。