2006年08月06日

夏野菜カレー

いただきもののギーとカレー粉を使用。
06-08-06_18-04.jpg
銀座はナイルレストランから直送〜。

1. たまねぎはみじん切り、セロリの葉っぱのところを細かく刻む。しょうがとにんにくはすりおろす。
2.オクラ、ナス、れんこん(夏野菜じゃないけど)、にんじんを切り、トマトの水煮缶のふたをあけておく。
3. じゃがいもとかぼちゃは一口大に切って、レンジでチン。
4. 鶏もも肉の皮と脂肪をはずし(嫌いだから)、一口大に切って軽く塩コショウしておく。
5.1をギーで炒め、なんだかよさそうというところで鶏肉投入。
6. 火が通ってきそうになったら、にんじん投入。
7. トマト缶投入。
8. 「ナイルレストラン」のカレー粉を適当に投入。
9. 20分ほど煮る。
10. 2の野菜を投入し、塩加減を見る。
11. 最後に3のかぼちゃとじゃがいもを投入。

玄米ご飯にかけてできあがり!

ちょっと今日は、辛さが足りないとカレー粉を投入しすぎて粉っぽくなっちゃった。
カレー粉を足すときはギーも足したほうがいいかもしれない。
それか、鶏肉の皮をむかずに入れたほうが良かったかもしれない。
いずれにしても、改良の余地大いにアリ。06-08-06_19-44.jpg
posted by og at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ご飯もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒヨコ豆ときゅうりとトマトのサラダ

先日、某家にてご馳走になったものを自分でアレンジ。
(つか単に再現できなかった^^;)

1. 水煮のヒヨコマメをいったんゆでこぼし、レモン汁+お酢の中に熱いうちに漬ける。水煮の臭みを取るため。
2. トマト、きゅうり、たまねぎ、セロリを細かめに切って、ボウルに入れて冷やしておく。
3. 食べる直前に 1 と 2 を合わせ、オリーブオイル、塩、胡椒にて味付け。足りなければレモン汁や昆布酢を加える。

パセリなど散らすとなお良し。今日は忘れました。06-08-06_19-00.jpg
posted by og at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜が食べたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きのこのアンチョビ炒め

よく作る定番。白ワインとの相性ばっちし。
でもビールでもいいよ。
一度わたしが作ったら、母親が気に入って母親の十八番になった。

1. 今回使ったきのこは、しいたけ、ぶなしめじ、えりんぎ、マッシュルーム(白、ブラウン)。適当に切る。その他、えのきやまいたけが入ることもある。マッシュルームはあるときだけ。
2. アンチョビを刻んでおく。アンチョビペーストでもいいよ。
3. フライパンにオリーブオイルとにんにくをつぶしたものを入れ、ゆっくり香りが出るまで弱火で炒める。
4. 香りが出たら、鷹の爪を入れる。
5. きのこ投入。
6. 適当にきのこに火が通ったら、アンチョビ投入。
7. 今日は、ローズマリー(ウチにぼーぼー生えてる)とローリエを入れてみた。もう少し火を通したほうが香りが移るかも。

これに、バルサミコをかけても美味しい。06-08-06_17-41.jpg06-08-06_17-39.jpg
posted by og at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 野菜が食べたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。